2007年03月12日

おすすめ漫画:ワッハマン

元ネタは黄○バッ○
ワッハマン

WAHHAMAN-01.gif

出版:講談社

著 :あさり よしとお

定価:1〜4巻 428円
    5〜7巻 448円
    8〜10巻 450円
    11巻 530円



るくるくから作家つながりで読んでみました。

うん、やっぱりおもしろい。
ギャグセンスがすごいっすよ。
というか王道だからおもしろいのか…


主人公のワッハマンは一万年前にアトランティスで造られた人造人間で、ある人物を倒すために造られた。

現代に目覚めるも記憶を失っていて、自分が何をするためにいるのかわからなかった。

頭に衝撃を受けたりすると暴走する。
暴走中は笑っている。

本名は不詳。
ワッハマンというのも屋台で知らないおっさんにつけられた名前。

作中では一切セリフが無いが意思疎通はできる。


このセリフなしって設定がまた面白さを引き立てるんですよ。
ガイコツだから表情もあんまりないし。
ただ驚いたときとかの口パカーは話と相まってホントに笑えましたww

さらに作中の笑い方が一定じゃなくて、たまに「うひょひょひょ」とか言うからもう笑い堪えられませんてwww


内容はほとんどギャグのみ。
最終局面のところだけシリアスです。

まさかこれが世界系だとは思いませんでしたよ…
※反転部分でラストがわかっちゃうかも…


随分前の作品なんで中古ショップで探してくださいね。
posted by NULL at 22:12 | 千葉 ☀ | 漫画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月07日

おすすめ漫画:るくるく

幸か不幸か…
るくるく

LucuLucu-01.jpg


出版:講談社

著 :あさり よしとお

定価:1〜2巻 各510円(税込)
    3〜6巻 各530円(税込)





るくかぁいいよかぁいいよるく(イミフ


この作品はついこの間初めて知ったんですが、読んでみるとこれがなんとも面白い。

どういう経緯で知ったかは感のいい人はわかるかも…


で、このるくるくについてですがとりあえず、


るくかぁいいよかぁいいよるく(しつこい


以下あらすじ...


ある朝、主人公『鈴木 六文(ろくもん)』が目を覚ますと、台所で見知らぬ少女『瑠玖羽(通称 るく)』が朝食の支度をしていた。

その状況を父に説明してもらうために居間へ行くと、これまた見ず知らずのカカシがおり、六文が父はどこにいるか訊くと、隣の部屋(寝室?)に"ある"と言う。

どういうことかと部屋を覗くと、

そこはまさしく殺人現場と化していた。

そしてカカシはもう1つの疑問点である"自分達は何者か"を自ら説明する。

その答えは『悪魔

カカシ『ブブ』によると、父親を殺したのは天使だと言う。

当然信用できない六文は混乱しつつも学校へ行こうとするが、そこへ父親を殺害した天使『ルミエル』が襲ってきて、寸でのところでるくに救われる。

そしてわけもわからぬまま悪魔達と同居することになる…



っとこんなかんじかな。

悪魔達は人間界に結構慣れてるらしくてすぐに順応してアルバイトで家にお金を入れたり、わりと義理深いところがあったりして普通とは捉え方が違う感じがします。

まぁるくに命令されてるからってだけかもしれませんが…

あ、因みにるくは悪魔のお姫様らしいです。

で、天使は世間知らずで既成概念に囚われすぎて不審な行動とってよく警察に連れてかれるし…

世間知らずと言えば、るくもお姫様なだけあってそうなんですが、


この設定は神である。


いやね、世間知らずのるくががんばって六文のためにいろいろチャレンジ→失敗→隠蔽→ばれて恥ずかしがる、っていう一連の流れが何回も繰り返すんですが、


激しく萌えた。


普段はクールで何事にも動じないんだけど、自分のイメージに合わない趣味や失敗などを他人に知られるとものすごく恥ずかしがる…


この性格は完全にツボです。本当にありがとうございました。


まさしくクールツンデレ…究極の対男兵器…
さらにロリ、人外、黒髪ロング、ニーソ、アホ毛、メイド属性など、複数の萌え要素で構築されたキャラクター性…


Σケ 勹|||るく…恐ろしい子!
posted by NULL at 18:40 | 千葉 ☀ | 漫画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月24日

おすすめ漫画:ぱにぽに

なごむわぁ〜
ぱにぽに
pani_poni-01.jpg

出版:スクウェア・エニックス

著 :氷川へきる

定価:1〜9巻 各620円(税込)




なんか最近こーゆーのばっか読んでんな…

とりあえずおもしろいよぱにぽに。
なんつーかこう


お前ら勉強してんのか?


的な。

たまにベッキーが授業っぽいことしてるけど主要キャラのほとんどは聞いてなさそーな気が…
姫子とか姫子とか姫子とか…

それにしても濃いキャラ多いなぁ。
メガネ外したら美少女などSのツッコミキャラとか定番ながらいい味出してます。
いや、定番だからこそ、かな?

みんなキャラ濃すぎるせいで普通だったら突出するような個性のキャラが埋もれたりしてますし。
ベホイミちゃんとかいきなり魔法少女とか言って出てきた割にはあんまネタにされなかったし…
まぁ後になってから復活しますがね。


あれ?そういえばくるみって初期から出てるはずなのに出番少ないよーな…
posted by NULL at 16:04 | 千葉 ☀ | 漫画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月15日

おすすめ漫画:よつばと!

あずまんが読んだのであずま先生繋がりで読んでみますた。
よつばと!

yotsubato!-01.jpg


出版:メディアワークス

著 :あずま きよひこ

定価:1〜6巻 各630円(税込)






うーんやっぱいいね。
なんてーか、こう、日常描写がうまいんですね。
子供らしく無邪気なよつばとそれを取り巻く大人たちの関わり方や行動は、ついつい「あーあるある」って思ってしまうものばかりです。
次に起こることが予想できていても笑ってしまう『間の取り方』もあずまんが同様、非常にうまいです。

綾瀬三姉妹の中では恵那が好きです。(ぇ
恵那はいい委員長になりそうですね。(ぇぇ
ちょうどツンデレになるかお姉さんタイプになるかの分岐点っぽいなぁ。

あ、そういえばあさぎはカッコイイですよね。
ってか、容赦ない?
よつばと復讐ではよつばの水鉄砲の残弾見切ったり、リロードしてきたところで軽く叩き落して奪って反撃したり…
最後は水鉄砲の給水口開けて水ぶっ掛けるという究極の追い撃ちするし。
うん、大人気ないww


いやぁキャラ一人一人がいい味出してて本当におもしろい。
心が穏やかになりました。('ー`)
posted by NULL at 19:15 | 千葉 ☀ | 漫画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月14日

おすすめ漫画:あずまんが大王

azumanga-01.gif

出版:メディアワークス

著 :あずま きよひこ

定価:1〜4巻 各714円









あずまんが大王って有名ですよね。
電撃系の雑誌を読んでる人なら知らない人はいないでしょう。

自分はあずまんが自体は知ってたんですが、今まで読んだことはありませんでした。
で、今日やっと古本屋で立ち読みしました。(買えよ

いやぁ面白いですねぇ。
皆ちよちゃんいじりすぎだしw

この漫画は高校3年間を描いていて、高校の定番行事の話もあります。
体育祭、文化祭、修学旅行、卒業式…
修学旅行と卒業式では不覚にも心に響いてしまいました。

いやぁこのほのぼのした感じはすさんだ心をいい感じに癒してくれますよ…
現実に疲れたら読んでみてはいかがかな?
posted by NULL at 21:00 | 千葉 ☀ | 漫画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月10日

おすすめ60%漫画:一騎当千

ikki_tosen-01.jpg

出版:ワニブックス

著 :塩崎 雄二

定価:各945円(税込)







天上天下読んだらなんか気になってしまいました一騎当千。
学園バトルって点で共通点はあるものの、内容は三国志をベースにしたもので、

無理やりこじつけた感が否めません。(ぇ

まぁそんなことは気にしませんがね。
ただ自分はあまり三国志とか興味ない人間なんでちょっとわかりにくいです…orz
でも絵の質はいいと思いますよ。
大暮維人先生には劣りますが。('д`;)ェェ...
バトルシーンもそれなりに迫力出てるし、読んでて飽きる事はないかな。
でもやっぱり絵の質はギャグに向いてるっぽくてシリアスシーンがちょっと物足りないかも…
天上天下の後だからそう思うのかもしんないけど…


で、


この漫画、無駄に服が破れ(弾け)ます。(ぉ
とりあえず初撃でほとんどもっていかれます。
しかもほとんどの場合恥じらいというものを見せません。
唯一賈詡くらいジャマイカ?隠したの。
ただ賈詡も微妙にズレてるけど…
下もきわどいのに上だけ隠すて…

萌えるじゃないか。(ぉぃ


天上天下よりノリが軽いので読み易いかもしれないデスねぇ。
三国志好きの人も読んでみてはいかがでしょうか?

さて、これを機に自分も三国志調べるってのもありかもなぁ…
posted by NULL at 15:49 | 千葉 ☀ | 漫画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月07日

おすすめ70%漫画:天上天下

質量保存則無視
天上天下

tenjyo_tenge-01.jpg

出版:集英社

著 :大暮 維人(おおぐれ いと)

定価:530円(税込)





えーとこの前エア・ギア読んで面白かったんで、同作者の作品で有名な天上天下も読んでみました。

いやぁやっぱり絵が上手いですねぇ…
四肢の描き方とか色の塗り方とか自分じゃ到底真似できないですよ。
アナログ塗りとかほんとよくできるよなぁ…

内容的にはちょっと微妙かな、と。
話が行ったり来たりしてちょっと読みにくい気がします。
でもこれはこれで新鮮でよかったですけどね。

で、この漫画はやけに乳を晒します、無駄に。(ぉ
まぁ掲載誌の性質上こうするのは必然なんでしょうかね。
で、巨乳率は90%を超えてるんじゃないかってぐらい高くて、唯一円だけが微乳かな。
ってか円テラカワイス(*´д`*)ハァハァ


それにしても天覧武会予備戦どうなるんでしょうね?
Fとかいう超人集団が出てきたせいで学園バトルものから異能バトルものになっちゃったし…
このまま行くと天覧武会予備戦がインパクトなくなって微妙な感じで終わりそうな予感が…

…ん? そういえば統道には異能者が24人いるって設定があったような…
もしかしてこれがボス的存在なのかな?
志鶴とかサブキャラの動向も気になるし…
早く次読みたいなぁ。
posted by NULL at 20:37 | 千葉 ☀ | 漫画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月31日

おすすめ漫画:エア・ギア

矛盾点とか気にすんな
エア・ギア



今回紹介するのは週刊少年マガジンで連載中のエア・ギアです。

自分がこれを読んだきっかけは


絵が上手いから


…………コラそこ安易すぎとか言わない
まぁ大体漫画選ぶときなんてそんなもんでしょう。
あとは勧められたとか。

でもやっぱり絵が上手い漫画っていうのはハズレが少ないわけで、エア・ギアも例に漏れませんでした。

この漫画はエア・トレック(略してA・T)っていう原動機付ローラーブレードみたいなやつでなんかスゴイことする漫画です。(謎
まぁ言葉で言い表すのは正直厳しいものがありますが、読んでみれば分かるでしょう。
…ってわけにもいきませんよねスイマセンデシタ。

スピード感を何かに例えるとするなら、ビーマニのアクティ(ACT,HIGH,LOW)とかSEGAのマスコットキャラのソニック辺りが近いかもしれないです。

では最初のあらすじを↓


基本的にA・Tはローラーブレードやスケボー等のようなスポーツ用品として発売されたが、それを使って暴力事件を起こすチームもいたりして嫌っている人も多い(?)

主人公『南 樹(みなみ いつき、通称イッキ)』は東雲東中の不良グループ『東中ガンズ』のリーダーであり、喧嘩が強い。

他校の不良グループとの喧嘩に勝利したイッキだったが、倒した不良グループの上には警察ですら恐れている暴風族(ストームライダー)『スカルセイダース』がおり、東中ガンズが襲われてしまう。
そこに駆けつけたイッキだったが、スカルセイダースのリーダー『間垣』のA・Tの前では赤子同然であった。

後日、A・Tの存在を知ったイッキは幼い頃から一緒に住んでいた野山野家4姉妹の次女『蜜柑』、三女『林檎』、四女『白梅』が暴風族『スリーピング・フォレスト』のメンバーである事を知らされる。
そして、三人からA・Tをプレゼントされたイッキは間垣にリベンジをする。



っとこんな感じで物語は始まっていくわけです。

作中では色々と常識ハズレなことをすんなりやってのけます。
垂直な壁を登ったり、衝撃波に乗ったり…

しかし

やっぱり

そこが

(゚∀゚)イイ!!

常識に囚われていたら面白いものも面白くなくなるってものです。
普通じゃ考えられない事をするからこそのスリルや快感がこの作品には含まれているのでぜひ呼んでみてください!
posted by NULL at 18:58 | 千葉 ☀ | 漫画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月27日

おすすめ漫画:一撃必虫!!ホイホイさん

全長11.5cmの害虫駆除ロボット
一撃必虫!!ホイホイさん

hoihoi.jpg

出版:メディアワークス

著 :田中久仁彦

定価:通常版 945円(税込)  初回限定版3000円(税込)






この漫画はゼノサーガなどのキャラクターデザインで有名な田中久仁彦氏が描く近未来(?)コメディで、電撃大王に連載されていた基本1話1ページのショートコミックです。
単行本はこの1巻のみで、PS2用ゲームがKONAMIから発売されています。


漫画の内容は以下

全ての害虫が害虫駆除剤に対して耐性を持ってしまった時代、マーズ製薬社は『薬品で殺せないのなら、直接駆除あるのみ』というコンセプトの下、害虫駆除ロボット『ホイホイさん』(29800円(税抜))を開発、発売、大ヒット。
そのヘビーユーザーであるサラリーマン『油壺』、取扱店の店員『出羽きみ子』、きみ子の友人兼ホイホイさんコレクター『不死川睦美』を中心に描かれる。
物語の途中では製作側の会議なども描かれている。

っとこんな感じ。

作者は有名なイラストレーターだけあって絵はかなり上手いです。
ホイホイさんvsゴキのシーンでは漫画ながら白熱のバトルを描いています。
その他のシーンも上手い描写で面白いです。
特に古屋敷部長が熱すぎて笑えるw
あまりの熱心さに会社で問題を起こしてクビになったけどその後ヘッドハンティングで別の会社に雇われて…っと熱い人間じゃない限り歩むことの出来ない人生を突き進んでます。
これがクリエイター魂ってもんですよ?

さぁあなたもこれを読んで未来への夢を膨らませましょう!



メディアワークス 一撃必虫!!ホイホイさん公式ページ
posted by NULL at 20:11 | 千葉 ☀ | 漫画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月10日

おすすめ漫画:DearS

異文化コミュニケーション?
DearS

DearS-01.jpg


出版:メディアワークス

著 :PEACH-PIT

定価:1〜8巻 各578円






これまたなんてエロマンガ?(注 エロマンガではありません
際どすぎますって先輩。


この前はローゼン紹介したんでPEACH-PIT繋がりでDearSです。

いやぁそれにしても買いにくい…
DPSの広告ページとかで初めてみて、絵が上手いので気にはなっていたんですが、いざ書店に行ってみたらこの表紙…

軽く小一時間悩みました。(ぉ

いやだってこれですよ?5巻なんてM字開脚ですよ?
これが一般の書店に置いてあるんですよ?
子供の情操教育n(ry

話がズレてきたのでリセット

ローゼン見れば分かりますが、PEACH-PIT氏は絵が上手い。
よくここまでバランスのとれたスレンダー巨乳を描けるなぁ…
自分も絵を描くのですが、多分描けません…orz



ではちょっとあらすじを、


宇宙船が日本に不時着し、故郷に帰る事ができなくなった宇宙人たち。
日本人は彼らを『ディアーズ』と名づけ、ホームステイとして受け入れる。

一方、主人公である『幾原武哉』はディアーズに対して『得体の知れない宇宙人』という意識を持っていて、全く興味を示していなかった。

そんな武哉はある日、偶然にも公園でうずくまって震えているディアーズ『レン』を助けてしまい、それ以降面倒を見る事になってしまう。

しかしレンには何か問題があるようだが…?


っとこんな感じ。

最初レンは全く言葉が通じないのですが、そのへんの意思疎通の大変さとかをよく表現できています。
まぁそのままでは一向に話が進まないので言語を『インストール』するっていう形でうまくパスしていますが…(うまいのか?


それにしてもレンよりミゥのほうが個人的に好きなんですが…
レンはバカキャラなんですが、どうも自分はそういうのには…
それより普段は気丈に振舞ってるけど実は寂しがりやみたいな感じのミゥのほうが萌えませんか?
いや、そういえばねねこもいいk(ry
posted by NULL at 19:14 | 千葉 ☀ | 漫画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月06日

おすすめ漫画:ハヤテのごとく!

ネタ満載の萌え系漫画
ハヤテのごとく!

hayate_01.jpg


1〜9巻

出版:小学館

著 :畑 健二郎

定価:各410円




ここまでネタを使いまくった漫画が今まであっただろうか?いやない。
(いや、あるかもしれませんが…)


この漫画はもういろいろとネタを使っています。
いつか著作権とかで引っかかるんじゃないか?って思うほどに。(ぉ

元ネタが分かったときはホント楽しいですね。
ハヤテが黒鍵使ったときとか(゚∀゚)ウホ!って思ったし。
しかし元ネタが分からない場合のほうが多いです…(泣

まぁ元ネタが分からなくても内容が面白いのでいいんですがね。


とりあえずあらすじを紹介すると、

ギャンブル三昧の親に借金を押し付けられた上に逃げられ、借金取りに狙われる普通(?)の高校生『綾崎ハヤテ』。
借金返済のため少女を誘拐して一攫千金を企むが、その時の脅し文句が口説き文句とも取れるものだったため、少女は勘違いをしてしまう。

その時、少女の誘拐を目論む別の犯人達に襲われ、なし崩し的に少女を救出してしまったハヤテ。
そんなハヤテに一目惚れしてしまった少女『三千院ナギ』は、ハヤテの事情を聞くと、自分が借金を肩代わりし、ハヤテに自分のの屋敷の執事として働いて払った分の仕事をするようにと言い、ハヤテはそれを承諾する。


まぁ、こんな感じ?
その後の展開はギャグ漫画らしく行き当たりばったりのような(本当にそうかはシラネ)単発ものです。

基本はラブコメなのですが、コメディ要素が多すぎて最近ナギの存在感がうすれているような…
代わりにヒナギクさんとか西沢さんがラブ担当に…

危うし、三千院ナギ!

これ絶対当初の目標から外れてきてるよ…
まぁ、自分的にはヒナギクルートマンセーなわけですが。(ぇ



パロディ元ネタ解析
posted by NULL at 20:37 | 千葉 ☀ | 漫画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月04日

おすすめ漫画:ローゼンメイデン

精巧にできたダtt(ry
ローゼンメイデン

rosen-01.jpg


出版:幻冬舎コミックス

著 :PEACH-PIT

1〜7巻 各620円






現在3巻の途中まで読みましたが、面白いですよ?
とりあえず個人的に翠星石の黒さに乾杯(謎


ローゼンは大分前から知ってはいたんですが、漫画やアニメは見ていなかったんですよ。
で、この間友人に借りて読んでいるんですが、

面白い

話は聖杯戦争と似ていますが、全体的にはギャグです。
ってか今んとこ8割方日常描写です。
PEACH-PIT氏は戦闘描写よりも日常描写のほうがうまいような気がしますねぇ。
まぁ、基本的に絵が上手いので戦闘も文句なしですが…

絵が上手いのでギャグのときのやる気のない絵とのギャップが面白いんですね。
さらにシリアスな場面にもギャグの要素を織り交ぜたりするので、これまた面白い。

各キャラの性格も濃く、強い印象を残すキャラばかりです。
翠星石とか最高だし。
真紅がカレンと似てるかな?


とりあえずこれから今単行本で出てる分全部読んできまー
posted by NULL at 18:39 | 千葉 ☀ | 漫画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月13日

おすすめ漫画 : エレメンタルジェレイド

恋愛バトルファンタジー(?)
エレメンタルジェレイド

EG-01.jpg EG-B-01.jpg
出版:マッグガーデン

著 :東まゆみ

各580円

1〜11巻
蒼空の戦旗
1〜3巻





練炭がすきです。
でもシスカタソの方がもーっとすきです。



今日はエレジェですよ。

この漫画は主人公『クー』が、武器になる少女『レン』エディルガーデンに連れて行く話です。

レンは『エディルレイド』という、人間と契約する事で武器になるという種族の内の1人で、さらにその中でも希少である『七煌宝樹』であるため、エディルレイドを売買する裏組織『オルガナイト』に狙われる事になり、その戦いの中でクーとレンの絆が深まっていく…

まぁ、大雑把に言うとこんな感じです。
最初の方は結構のほほんとした感じで面白いです。
アクションも上手く描けてて臨場感があります。
ってかシスカがまぢウケるwww
特にミリアルドトレイではっちゃけだしたところから全てのギャグを担当してる気が…

しかし戦闘スタイルが重火器&格闘ってのも珍しいですよね。
明らかに質量保存の法則無視してたりするのもギャグ要素の一つですか、、、


最近は結構戦闘がハードになってきてて、窮地に追い込まれることが多くなっていますねぇ。
ハッキリ言って死ぬ寸前です。

ハードになってくるにつれて当然グロテスクな表現も増えてきます。(何説だよ…)
敵が敵に殺されたりとか(゚Д゚)ハァ?
なので、重い展開が嫌いな方はちょっと覚悟しといた方がいいかもしれません…


しかし、


ハードだからこそ


燃えるのである。



やっぱりアクションはこうでなくちゃね!
死を目の前にした戦闘ほど熱いモノはないのです!!
話の展開も面白いので、非常に続きが気になりますです、ハイ。


そんなわけで是非読む事をオススメします!
posted by NULL at 22:45 | 千葉 ☀ | 漫画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月09日

おすすめ漫画 : 東京アンダーグラウンド

漢の野望…?
東京アンダーグラウンド

東京アンダーグラウンド 1巻

出版:スクウェア・エニックス

著 :有楽 彰展

1〜14巻(完)
各410円





もし
トウキョウの地下に
コロニーがあったら?



この漫画は、ただの夢見る高校生が少しSFがかった世界のゴタゴタに巻き込まれてしまう話です。
いつもの日常から一転して世界の裏側に足を踏み入れる…
ヘヴィだぜ…

いやぁ月姫もそうですが、やっぱり身近に感じられる世界感を使う作品は見てて面白いですねぇ(´ー`)
妄想が膨らむと言うか何と言うか…
この漫画も主人公が高校生で、地上で地底の人間に出会ってから地下に行くまでの間に、少し日常と非常が交錯している描写があるんですが、そこで読者を捕まえる事に成功した感があります。
現に自分も捕まりますた||Φ|(|゚|∀|゚|)|Φ||
いや、決してマッポに連れてかれたわけでw(ry

それにしても最後の方のシエルはもうブルマ履かせて『ししょー』って言わせたいポジションになってる気が、、、


漫画のいたるところには『ちょwwwおまwwwwベタ杉wwwww』な設定が多数見られます。
例えば『メガネ外したらイケメン』

…………

ベタすぎてコメントが浮かびませ(´_`)

その他ツンデレ、ドジっ子、ナルシーなど、超ベタベタDEATH。

しかし

それがまた

(゚∀゚)イイ!!

いやね、漏れが思うにもし留美奈が志貴だったらチェルシーは確実に堕ちてるね。
っとこんな風に妄想が楽なわけで、頭の中でも楽しめます。

アングラで言う能力は人工的に魔術回路を…………

……Σ(゚д゚)ハ!?いかんいかん…妄想の海へダイブしてたゼ……

しかし他作品とのクロスオーバーもいいもんだのぅ、、、
posted by NULL at 14:52 | 千葉 ☀ | 漫画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月02日

おすすめ漫画 : エクセルサーガ

ギャグセンスがヤヴァイ!
エクセルサーガ 1〜16巻

エクセルサーガ 1巻 表紙

出版:少年画報社

著 :六道神士

1〜14巻 :\520
15〜16巻:\530








表紙を初めて見たときの感想




なにこのエロマンガ


いやまぁ実際は違いますが…

これは恋愛あり、バトルあり、シリアスありの
ギャグマンガです。 (゚Д゚)ハァ?

比率でいうと
恋愛   10%
バトル  30%
シリアス 40%
ギャグ  120%

あれ?計算が合わないなぁ、、、

まぁとりあえず疲れました。
笑いを堪えるのに

まず主人公の設定からしておかしいです。
※漫画中での見所は反転してあります。
主人公エクセルは秘密結社アクロスの構成員でリーダー格(初期の構成員はエクセル一人のため)
アクロスの首領であるイルパラッツォに忠誠を誓っており、毎回『ハイル・イルパラッツォ』と叫ぶ。
身体能力はズバ抜けていて、大抵のことは気合いと根性でこなす。が、特にコレといった特技はない、俗に言う器用貧乏である。しかし、極度のボケ体質であるため毎回任務に失敗し、その報告時に落とし穴に落とされる。
アクロスからの配給は少なく、独自に諸費用(生活費)アルバイトで稼いでいる。
配給が少ないため、生活は決して良いものではなく、普段から倹約を欠かさない。しかし(そのため?)、大金を目の前にすると逆に心配になってしまう極度の貧乏性である。


…………穴だらけんなっちった、、、

まぁ、主人公の設定が↑なのを見てわかるように、ほとんどのキャラが普通じゃないです。
まともなのは4人くらいしかいません。(当社比)

それにしても絵が上手いとギャグシーンの表現もウマくなるんですねぇ。
この何ともいえない間がGOODです。
むしろGODです。
posted by NULL at 20:19 | 千葉 ☀ | 漫画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。